冬のキャンプはエントリーモデルのテントでも電源サイト+ホットカーペットがあればなんとかなります♪/べるが尾白の森キャンプ場

キャンプレポート
ぺこ
ぺこ

こんにちはキャンプ大好き夫婦、嫁のぺこです

キャンプにドはまりした私たち。1年を通してキャンプがしたい!と思うようになりました。キャンプにすぐにでも行きたいのに、問題は冬の寒さ…今回は2018年12月に訪れた尾白の森キャンプ場のレポと、初代テントで寒さにどのくらい耐えれるのかの検証を記事にしたいと思います。

私たちが使っている初代テントはこちら

私たちがキャンプをするのにあたり、初めて買ったテントが『LOGOS ROSYDOME M』です。今は絶版で売っていないようです…

テントは 雨風や冷気から守ってくれるスカートもついていなければ、フライシートを外すとほぼほぼメッシュになっているので、夏場の暑い時期にはいいけれど冬場は絶対に寒いはず…

こむ
こむ

どこまで寒さに耐えられるか検証しようぜー!

ぺこ
ぺこ

えっ!もう12月になるよ。さすがに寒いのやばいでしょ…

と心の中では思いつつも、こむさんの一言によりキャンプに行くことが決まりました。

とはいえ、さすがにこのテントだけでは12月の寒さには耐えられないと思いまずは電源サイトがあるキャンプ場を探す!そして、電源が使えることが必須でホットカーペットを購入しキャンプに臨みました。

尾白の森キャンプ場はこんなところ

山梨県北杜市の白州町にある白州・尾白の森名水公園「べるが」の中に併設しているキャンプ場です。公式HPはこちら

尾白の森キャンプ場 | 白州・尾白の森名水公園「べるが」
天然温泉あり川遊びありの贅沢キャンプ。隣接する天然温泉「尾白の湯」やウォータースライダーや滝のある日本名水百選「尾白川」など、大自然を思いっきり遊びつくして、星空眺めて眠りにつけば、家族の絆もグッと深まる森のキャンプ。

夏には水遊びができる公園として子どもがいる家庭には大人気の場所なので、キャンプ場も大変にぎわっています。冬場は寒い時期ということもありキャンプ利用者も少ない印象でした。

テントサイトとバンガローがあり、テントサイトは障害物が少ないオートサイトA(電源あり、電源なし)、木や岩などの自然な雰囲気のオートサイトB、木陰の中のフリーサイト、ひろびろサイト(電源あり、電源なし)、2家族サイト(電源あり、電源なし)、ドックランサイト、常設テントサイトと種類豊富にあります。

私たちが今回使用したのはオートサイトAの電源ありタイプでした。サイトは区画が広くテント、タープを張って車を止めてもまださらにスペースがありました。2ルームテントを設営しても十分広いスペースが確保できるのではと思いました。

ぺこ
ぺこ

今まで行った区画サイトの中では広いサイトだったなぁ

水場は寒い時期でもありがたいお湯が使用できました。油汚れなど気温が低いと落ちにくいので食器を洗う時などお湯が出るのは本当に助かりました。

トイレも水洗トイレできれいに整備されていました!

お座敷スタイルで「こたつキャンプ」してみました

13時にチェックインしてテント・タープを設営しました。キャンプも回数を重ねると役割が分かってきて準備がスムーズになりますね。

普段だったらその場に机と椅子を並べるスタイルでしたが、インターネットなどでこたつキャンプをしている記事を見かけたので、せっかくの電源サイトだし、ホットカーペットを敷いてお座敷スタイルにしてみました。

厚手のブランケットをテーブルを敷いて、その上に天板となる台をおいて簡易こたつも作ってみました。ホットカーペットだけではこたつの温かさは弱いのかなと思い、中には湯たんぽも入れてみました。簡易的ではありますが意外と温かくてこたつにしてよかったです。
(おしゃれ感は全くないです…見映えより今回は寒さ対策重視です…)

ただ一つ残念だったのが座布団をもっていかなかったので、クッション性のある敷物があればよかったなとおもいました。長時間座っているとお尻が少し痛かったです…

タープだけだと、全面から冷気が入ってくるのでこれまた簡易的ですが、風よけにシートを横につけてみました。タープとシートをクリップで止めただけなので隙間風は入ってきますが、これもあるとないでは全然体感温度が違うので、寒さ対策の工夫の1つとしてはやってよかったです。

設営後はいつものようにコーヒーを淹れて、お菓子をたべてまったりタイムです。

寒くなってきたので温泉へ行こう!

白州・尾白の森名水公園「べるが」 の中には天然温泉「尾白の湯」も併設されています。キャンプ場からも歩いて3分くらいと近くにあります。

しかも今回はキャンプ利用者は1人150円の入湯料を支払えばチェックアウト日まで何度も入浴し放題。という優待料金プランでした。

甲斐駒ケ岳温泉 尾白の湯 | 白州・尾白の森名水公園「べるが」
甲斐駒ヶ岳のふもとに湧き出る天然温泉。尾白川河岸の地下深くから湧き出でる超高濃度の温泉。石英(花崗岩)の地 層で濾過された湯は、沢山のミネラルを豊富に含み、疲労回復や温熱効果が 期待できます。露天風呂からの星空は必見。

キャンプ場にはだいたいコインシャワーを使えるところが多いので、温泉が徒歩圏内にあるキャンプ場っていうのはキャンプ場選びにおいてもありがたいですね。

私たちも日が沈んできて夕飯の下ごしらえもしたので、冷え切った体を温めに温泉へ行ってきました。

こむ
こむ

温泉めっちゃよかったね!

僕の好きなサウナもあったし最高だぜ!

ぺこ
ぺこ

温泉好きの私たちには最高だね!

露天風呂も気持ちよかったよ~

体もぽかぽかだね♡

何度も入れるのでキャンプ撤収作業後もう一度入りに行こうと思っていたのですが、急用ができてしまって早急に帰らなければいけなくなったため、温泉に1度しか入れなかったのが心残りです…そのくらい温泉気持ちよかったのですよ。

寒い日のキャンプ飯は「鍋」でさらに温まろう♪

寒い日はやっぱり温かい料理が食べたい。ということで今回のキャンプ飯は「すきやき」にしました

あっ‼奥では燻製もしています。お酒のつまみには燻製いいですね♪

こたつで温まりながら、おいしいお肉とお酒で鍋を囲む。

このシチュエーション最高じゃないですか~。

寒いから行くのどうなんだろうと思っていたけれどもこれはこれでいいもんですね。

テントで一晩寒さは大丈夫だったのか…!?

夜はお座敷に敷いていたホットカーペットをテント内に移動して、寝袋と掛け布団をかけて寝ました…

心配していた寒さですがこれだけ対策していたら、むしろホットカーペットが熱すぎる。厚着で寝ていたのも朝には薄着になっていました(笑)

振り返ってみると、当時の天気予報もこんな感じで12月とはいえ昨年は暖冬だったので例年になく寒さもだいぶ和らいでいたと思います。

なので、 準備は万全に寒さ対策は必要ですが 今回の検証であった初代テントでも寒さは大丈夫でした。最低気温が氷点下にならなければまだこのテントでも行けるのかな…

ぺこ
ぺこ

でも、オールシーズン使えるテントがほしい

こむ
こむ

うん、前向きに検討しましょう…

今回のキャンプは最低限の寒さ対策で行きましたが、来年の寒い時期にはストーブも手に入る予定です。また違った冬キャンプの楽しみかたができるといいなと思います。

ぺこ
ぺこ

みなさんは、冬キャンどんな対策していますか?

読んでいただきありがとうございました~

それではー

にほんブログ村でランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

  1. A-GARAGE より:

    こんにちわ
    今回のテントは3シーズン用ですよね。
    オープンタープでコタツというのはスゴイかも
    これから長くキャンプをする前提だと、設営が楽で風に強いコットンのスプリングバーテントがオススメです。ColemanのClassicとかカーカムスのバカボンド辺りなら中で石油ストーブも使えますし、オールシーズン使えると思います。

  2. ぺこ より:

    コメントありがとうございます😊
    このキャンプを終えていよいよ我が家もオールシーズンキャンプしようとなって、テント新たに購入しました‼️
    コットンテントも気になっていました。
    情報ありがとうございます😊

タイトルとURLをコピーしました